チワワの小太郎と野菜と花と…
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2017年07月15日 (土) | 編集 |
ああ、ようやっとこの日のことを書ける。

って、そんなこといってたら挫折お遍路もまだ途中なのにどーすんだろ。

また途中フェードアウト?カンボジア旅行も本編までいかなかったよね。
まあ途中挫折はいつものことってことで、レアものからこなしていきましょうかね。


7月8日は怪しい日となったんですよ。
妖怪2本立てでいきましたからね。


まずは「ゴールドマンコレクション これぞ暁斎!」です。

前から河鍋暁斎には興味があって、埼玉に暁斎の美術館に行きたかったんですよね。
関東に行くことも中々ないので、京都で開催してくれたのはとても嬉しかったですよ。

170711-これぞ暁斎-1

170711-これぞ暁斎-2

でも、男の人の描く猫ってあんま上手くないですよね。
蛙なんかは上手く描いてるんですけど、皆んな猫となると可愛がるくせに可愛らしくかけないらしい。
猫のずるさもあざとさも表現できてない。
歌川国芳とか国芳一門の方々なんですけど、好きですごく描いてるんだけど、心に全然来るものがないんですよね。
猫のしなやかさも柔らかさも描けてない。
だから浮世絵の猫はそんなに好きではないんですよ。
ただ、暁斎のは少しだけ「まあ、いいんじゃないですか?」って言えるのがあるんですよね。
ちょっと偉そうですけど、私的な感想として浮世絵の猫を見るとよく思うんですよ。

現代でも可愛い小動物の絵を上手く描いてる漫画家さんも見かけない気がします。

170711-これぞ暁斎-3

170711-これぞ暁斎-4

「えき」ミュージアムは外見は地味で暗い感じなんで、きっと小さなミュージアムなんだろうなと思ったんですけど、入ってみると案外展示は、空間の切り取り方もあるのでしょうが、見応えがありました。
だけどミュージアムショップはもう少し工夫が欲しかったですねえ。
スペースの空いた壁側に並べただけって感じでしたからね。


暁斎展のあとは次の「…百鬼夜行噺」までは時間があったので、久し振りに来る京都駅を探索してました。
大体京都に来る時は阪急か京阪で、京都駅は通過するだけで、時間をとって見物するのは本当に何年ぶりかわからないほどでした。

すっごい変わっててびっくりしましたよ。
自分覚えてた京都駅とは全然変わってたので、どんな風に動いていいのか分からなくて、取敢えずお土産屋さんをはしごしてました。
その中で鳥獣戯画展で売ってた鳥獣戯画柄のガーゼタオルが売られてたのはびっくりしました。
鳥獣戯画展限定のものではなかったんですね。
その瞬間にとっておかずに使おうと思いましたよ。

そろそろ会場に向かおうという時刻に急に激しい雨が振ってきてびっくりしました。
それでなくても判り難いバス乗り場が余計判らなくなって、取敢えずスマホ検索で乗れって出てた番号のバスに乗りました。
スマホ検索って凄いですね。
バスの時間も解ってるから、時間時間で乗るバスの指定が変わってて、ここでいいか確認しようとしたら、もう次の時間のバスが表示されるんですよね。
雨が激しかったし運転手さんに行先を確認して、多少時間は掛かるようだったけど、乗っかったバスでそのまま行っちゃいました。


会場は古い棟続きの一軒家です。
2階建てなんですけど、階段が戸に隠されてて、1階が小さなキッチンのついた一間です。
トイレにいくには部屋を出て、外に面した廊下の先なんですけど、庭の隅の木の下には髑髏が置かれるという演出がされてましたよ。
170711-妖怪堂-2

170711-妖怪堂-3

170711-妖怪堂-4

妖怪の絵は皆んなこの屋の主で主催者の葛城トオルさんが描かれたそうです。

170711-妖怪堂-5

笑福亭純瓶さん
170711-妖怪堂-6

葛城トオルさん。語られる前の画像ですね。
170711-妖怪堂-7

まずは葛城さんの語りから始まります。
170711-妖怪堂-8

手に持ってるのは初詣に行った首塚大明神で拾ってきた石だそうです。
170711-妖怪堂-9

そんな物拾って来ちゃっていいんですか~?
石の細かいことは→ こちら からどうぞ、他の方のブログですけど。

首塚大明神って知ってます?
鬼退治で有名な源頼光が討ち取った酒呑童子の首を祀ったところですよ。
酒呑童子って調べるんですけど、なんかちょっとしかわかんないんですよね。
しかもネット検索したら、なんかのゲームのキャラが出てきて、酒呑童子がどっちかというと酒呑童女になっちゃってましたよ。
そんなんしかヒットしないんで、すんごく苛つきましたわ。

170711-妖怪堂-10

石の表面に人間の顔が沢山見えるって話しておられたんですけど、暗い所為かよくわかりませんでした。
しかもその後何気にほっぽらかして置いてるし!

語っている時の笑福亭純瓶さんです。先日も偶然アメーバTVで語っておられるのを偶然見ました。
170711-妖怪堂-11

各々の語りの後の対談。
170711-妖怪堂-12

170711-妖怪堂-1

この部屋で一番目に付くのはこのお婆さんの掛け軸なんですけど、最初は雰囲気を盛り上げる為に作られた物だと思ってたんですよ。
お婆さんの写真を白黒で印刷したんだろうって、ね。
そしたらこれこの家を借りた後、古物商やってたつてで手に入れた物だそうです。
明治だか大正だか昭和の初めだかに、お偉いさんのおうちで死後肖像画を掛け軸で残すのが流行った(?)時があるとかいう説明で、その時の一枚だろうということなんですよね。(間違ってないといいな)
画像を編集する時もちょっと祟られないか怖かったです。

この部屋の誂えは、この肖像画に合わせるように集まってきたとかで、同じことが以前にしていた妖怪カフェでも起こったらしいです。
その時は屏風(?)だったらしいのですけど、ああ、聴いてから一週間も経つと細かいとこ忘れてしまって申し訳ない。
お店に置く物がまるで屏風に合わせているように偶然手に入るそうで、力を持ってたんですかね。

他にも面白いお話をしてもらったのに、細かいところはもうすっかりわすれてしまって、メモっとけば良かったです。
懇親会でも集まられた方達とお話しできて楽しかったです。

六道参りのツアーには密かに参加したいと思っているのですけど、予定が合えば行きたいと思います。

スポンサーサイト
2017年05月09日 (火) | 編集 |
ようやく気が向いて画像処理しました。
近所でやってた「和のリラックマ展」です。

可愛いがいっぱいでたくさん撮ったんですけど、Yモバイルのスマホでは上手く撮れてなくて(;。;)
たくさん没にしてなんとかこれだけアップできるものがありました。

170508-和のリラックマ展-1

170508-和のリラックマ展-2

170508-和のリラックマ展-3

170508-和のリラックマ展-4

170508-和のリラックマ展-5

170508-和のリラックマ展-6

170508-和のリラックマ展-7

170508-和のリラックマ展-8

170508-和のリラックマ展-9

ほんの小さな展覧会だったんですけど、他の会場でもこんなものかしら?

明日は1日出ずっぱりになりそうです。
少し異変を感じてた歯が腫れてきてて、急遽歯科医に予約を入れたし、婦人科にも結果を聞きにいかないといけないし…
なんか悪いとこがどっと出てきて、高額医療費が確定してるような歯科医にはかかりたくなかったなあ。
仕方ないですね。

最初はどこか旅行にでも…と思ってたけど、なんだか行っても楽しいかどうかわからないんじゃないかと躊躇してます。
相方がいたらそうでもないんでしょうが、一人旅行ってテンションが下がったら自分であげるしかないし、進むも退くも自分次第だから、旅行へのテンションが低いとつらい…。
どこに行くっていう問題もありますしね。
このテンションで伊勢神宮行ってもなあ、もう少し気分が復活してから考えるかなあ、
とか、
とりあえず車で走りたいって気はあるので、車中泊に挑戦してみようかな、
とかね。
今後の為にも時間はあるから道の駅泊まりにして車中泊に慣れておくのも手だとは考えてます。

自分でも少し休めばいいのにと思うのですけど、落ち着かなくて毎日何かしてます。
いつお亡くなりになってもいいように身辺整理して、じっとしてられないなら歴史の街だから歩くのもいいかな。

テーマ:(^ω^)にゅーん
ジャンル:日記

2015年08月23日 (日) | 編集 |
珍しい家の中の銀ちゃんです。
家の中はいつも片付いてなくて恥ずかしいので、中々室内で写した銀ちゃんを載せられないんですよね。
下に敷いてるのはお買い物リストです。
私と母がお出かけするんで、自分も連れて行って欲しいんです。
150822-銀ちゃんt-1

150822-銀ちゃんt-2

150822-銀ちゃんt-3

150822-銀ちゃんt-4

今日ようやくメガネを新調しました。
受け取りは一週間後です。
遠近両用メガネというのはすごく色々調べるものなんですね。
度数だけでなくどんな風に観たいかとか、細かく調べたり訊かれたりしました。

近視の度数は軽くなっているのでそれに合わせて、久し振りに度数も変えました。
仕事用でもあるので、見た目は度外視で丈夫なフレームにしましたよ。
またべっ甲柄のフレームが流行りだしているんですね。
流行りモノって本当順繰り回っていくけど、前回の流行りと微妙に形やらなんやらが違うから使えないんですよねえ。

その中で意外な事を言われました。
私は左目が利き目だそうです。
利き腕とか利き手とか言うやつですね。
利き足が違うサッカー選手なんかは有名な人もいるようですけど、利き目が違うというのもあるのですね。
人間ってホンマ複雑な生き物ですねえ。

150823-鉄砲百合-1

150823-鉄砲百合-2

150823-鉄砲百合-3

まだ本調子とは言い難いですが、咳がようやく少なくなってきました。
これからはもうちょっと健康に留意して運動とかしようと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へにほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ
テーマ:今日のつぶやき。
ジャンル:日記

2015年03月26日 (木) | 編集 |
う~ん、近年時計を観ない悪い癖がついてる腹黒です。
今朝は家族会の役員会だったのに、新聞読んでて時間を忘れて遅刻しました。
前回も遅刻したのに申し訳ないm(≧□≦)m
しかも会議中結構うつらうつらしてたしねλ.........

そんなだったくせに、そのまま思い立って4月に行く予定だった「魔女の秘密展」を、予定前倒しで行ってきました。

なんかね、アフタヌーンティでもしてから映画見ようかなと思ったのですけど、なんとなく「行っちゃえ」的な?
時には心のままに動いて美奈代みなよ的な気持ちになって、思い切って行ってしまいました。


大阪文化館・天保山海遊館の隣で、USJの近くにあるのです。
先日USJ行った時に高速使わずに下道で行ったのですが、道を覚えたかったので今日も下道で行きました。
USJ行った時とはちょい違う道で、阪神高速の下を走ってみましたよ。
高速の下の道は地味でしたね、なんとなく昭和の風景的な面白さがありました。
標識も殆ど出てないものだから、カンで曲がったら合ってましたよ。
曲がったのが大きな道だったからわかったのですけどね。

ああ、お間違いなく、我が愛車花福ちゃんには欲しくもないのにカーナビは付いているんですよ。
カーステレオとしか使ってないだけです。
だってうるさいし、道覚えられないのが嫌いなんです。

カメラを持って行っていなかったので、展覧会の写真はなしです。
受付の隣のブースで、魔女の格好して箒に跨って写真が撮れたのに残念でした。
でも魔女の帽子はもらいましたよ。
「魔女の帽子付き音声ガイド」を頼んだらもらえるんですよ~。
ナレーションは佐々木蔵之介さんです(≧∀≦*)スキ
「ちょっと怖い黒猫バージョン」を聞きながら回りました。
魔女の帽子は今年のハロウィンに施設で使えたんらいいなあ。

この頃はハイテク機器も多様に取り入れられていますよね。
まず最初にUSJのアトラクションみたいな説明があったり、
魔女裁判で魔女の疑いをかけられた女性の夫への書簡を元に再現された映像とか、
焼く時の木組みや業火、そして見守る民衆もリアルな感じで表現されてました。

個人的に怖かったのは死刑執行人が被った鉄のお面です。
装飾性もなく拙い作りだったのですが、それが怖さを助長しているように感じました。

グッズはいつも通りのクリアファイルと魔女のジャムを買いました。
魔女のジャムと書いてありますけど、普通に苺ジャムでございますわね。
他にも魔女グッズあったけど、魔女の人形は好みじゃないし、ハーズティはティバッグになってないし、魔女クッキーかチョコレートでも欲しかったなあ。
主にドイツの博物館との協力で開催されたはずなのに、ドイツのものが缶入りソーセージだけ?
そこをもうちょっと何とかして欲しかったなあ。



ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へ