チワワの小太郎と野菜と花と…
2009年08月30日 (日) | 編集 |
図書館への道すがら、田んぼをひょいと覘いてみると今年初めての糸トンボ発見です。
強い日差しを日傘で避けてしまえば、吹く風はひんやりとして、もう認めるしかありません、秋が来たんですね。
夏休みも終わってないのに秋風が吹いて涼しくなってる。
去年薄々思ってたんですが、季節が来るのが早くなってますね。

バラの根は休眠期でないと触れないので、大苗を植えたり鉢替えなんかは寒い時期にします。大抵1~2月。特に冬があまり寒くない近年は中々休眠してくれないので、バラの様子を窺いながら気象情報を確認しながら、虎視眈々としているのですが、今年は出来ませんでした。
東大寺のお水取りまで寒さは続くはずなのに、とっても暖かいお水取りでした。
冬大して寒くなくて、早く春が来て、早く夏が来て、早く秋が来た。1~1ヵ月半位前倒しに季節がやって来てる。私の肌感覚ではそんな感じがします。

それだけならまだいいんですけど、季節の中身も変わってきてるじゃないですか。
家庭菜園とかガーデニングとか農業とか、要するに土いじりが好きな人なら解ってもらえると思うんですけど、やっぱ天候に敏感になりますよね。
冬、あまり寒くないけど熱帯植物が露地で越冬出来るほどでもなく、でもユリやチューリップの花芽がちゃんと出来るかちょっと不安な温度だった。
何よりも雨が多かった。その前の冬も雨が多いなと思ったけど、さらに多かった。
やがてやってきた夏は、暑いけど豪雨も多くてさりとて冷夏でもなし…ですよね。
拙い文なんで解ってもらえるといいんですけど…(;^ω^*)ゞ

通年を通して気温が高くなって雨量も多くなってる。
総合的に気候変動ってことなんだろうけど、どこら辺で落ち着いてくれるんだろうな、というのが年単位で気になってる今日この頃です。

スポンサーサイト
テーマ:家庭菜園
ジャンル:趣味・実用