チワワの小太郎と野菜と花と…
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2017年06月27日 (火) | 編集 |
途中リタイア(敢えて言う必要あるのかしら)したものの、遍路記なのに3回目未だ四国札所88ヶ所巡りの1寺も出てきておりません、我がブログ、本当に遍路記なんでしょうか!

今回はしかも4日目(6/18)に泊まったお宿の話だったりしちゃうしね。

でも、敢えて言おう「良いんである」と!(土方十四郎調でよろしく)

だって四国遍路のブログって多いんですもん(100以上あるんですよ)、女の一人遍路だって珍しくもないし、私が書かなくたって沢山の人がそりゃもう事細かに書いておられますから。
ぶっちゃけ札所番号と寺名だけでもOK~♥な感じですもん。(それはどうかな?)

も一つぶっちゃけ私の不精な性格からして、最後まで書き切れるとも思えないですしね。(ああ、言ってもたδ(⌒~⌒ι)

札所の事で書きたいこともあるから書く(と思う)けど、それよりは自分の心に残ったことや珍しい情報の方が、順番に書くよりは私には書きやすいしいいと思うんですよね。

ーーーーーーーーーーーーーーー

いいの! 好きにやるから。

ということでいきなり4日目のお宿を紹介します。

ゲストハウス40010 です。

今回の旅は地図見るのも面倒になってきたこともあってほとんどカーナビに頼り切ってました。
けど、ここはまだ新しくてその上行き方がちょい特殊で往生しましたよ。
カーナビ諦めてスマホのグーグル地図の案内で車を走らせてたんですけど、どうしても車が右に曲がれるとは思えないとこで右折しろって言うんですよね。

私は宿の最寄りの四万十町中央ICじゃなくて、一つ手前のICで降りたらしくて線路を右手に走ってたんです。
小雨降る中でグーグルのやつ人用の踏切しかなさそうなとこで右折っていうんで、ええ~、何むちゃいうてんねんって。
線路は車道よりちょい高くなってて、車で走ってたら踏切とか上手く見えなかったんですよね。
でもそのちょい先で、人用の踏切があるかどうかもよく分からないとこでまた右折しろって言うんですよ。「ホンマかい」って取敢えず恐る恐る右折してみたら、初めての人には恐ろしいことに車が一台ようやっと通れるような狭い踏切が小さな坂の上にあるわけです。すれ違い通行まず無理!
で、そこもまず違うことが分かったんで、ちょい引き返してみたら今度は左と言うじゃないですか、さっきの経験からもしかして、と思ったんですよ。ホントに小さな細い坂を上がって狭い踏切を恐る恐る越えたら、ありました(〃´o`)=3
踏切からちょい下の道路に向かって真っ直ぐに道が延びてなくて、踏切の手前がハの字型の坂になってるんですよね。
他ではみたことのない特殊な踏切でした。

踏切は運転してたらよく分からないんで、この看板が目印です。
170627-40010ゲストハウス-1

四万十町中央ICから来たらこれ越えてすぐ、高知からならすぐ手前になります。

ああ、ここまでの説明が長かったあε=(-ω―;)フーッ

170627-40010ゲストハウス-13

オーナーさんと可愛い娘さんです。顔出しOKの了承をもらって載せさせていただきました。
お母様と妹さんと一緒に経営されているそうです。
立地的には第37番札所 岩本寺に行く手前にあるお宿になります。

お宿は普通の一軒家を改造しているのですが、お庭が良いですね。
縁側に籐の椅子が2脚置いてありまして、そこから眺めるお庭がいい感じなのです。
170627-40010ゲストハウス-2

170627-40010ゲストハウス-3

残念なことにお客は私しかなくて、1軒貸し切り状態でした。
それで何故、残念になるの、とお聞きかもしれませんが、貧乏旅行でドミトリー使用の面白味は人と出会えること、
だから何かしらお友達になれる人と出会えるかも、とか思ってたんですよね。
6月って梅雨でお遍路さんが少なくて、観光地ではないゲストハウスはどこも閑古鳥が鳴いてるんですって、休業するとこもあるそうですよ。
確かに、高知のゲストハウスは他にもいたからなあ。なんとも残念な期間にお遍路してしまったものです。

どこそこ行くんならそこだけ一緒に行きましょうか、とかの旅友を現地調達したかったんですけどね。

つーてもその高知でも上手く同宿の人と話せなかった人付き合いの下手な腹黒ではあるのですけど。
その高知のゲストハウスは「かつおゲストハウス」という、40010と同じ一軒家のゲストハウスなんですよ。前日泊まって、墓参りも終わって疲れたんで高知に一度戻るか、先に進むか考えて再度「かつおゲストハウス」に電話したら、空いてなくて先に進む事にしたんです。

開業が5月なんで、キッチンにも使用感が全然ないですよね。

170627-40010ゲストハウス-4

170627-40010ゲストハウス-5

170627-40010ゲストハウス-6

170627-40010ゲストハウス-7

疲れてたので自炊は却下。貸し切りの上にキッチンを汚すのも憚られて、車で行けば近い「道の駅あぐり窪川」で夕食にしました。
「道の駅あぐり窪川」は次回紹介しますけどね(つまり次も寺じゃない)。



長くなるので続きは後編で~

スポンサーサイト
テーマ:くるま旅
ジャンル:旅行

コメント
この記事へのコメント
コンバンワ~(´▽`)//
ゲストハウス、良いですね~^^
わたしはまだ泊まったことないですが、人情味があって、いつか泊まってみたいですねv-290

なんか癒されそう♬
2017/06/28(Wed) 19:43 | URL  | がちょー #xfGWKbWo[ 編集]
がちょー様
いまはゲストハウスっていうんですよね。
私、人に説明する時は「木賃宿」っていってますけどね。
2017/06/29(Thu) 16:09 | URL  | 腹黒烏龍茶 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック