チワワの小太郎と野菜と花と…
2011年01月27日 (木) | 編集 |
「復刊ドットコム」というサイトにメルマガ登録しているのですが、三原順という名に衝撃。
すぐにアクセスしました。


【仮予約】 三原順秘蔵作品集「LOST AND FOUND」
3/31(木)までに300部の仮予約が集まれば復刊決定です!


12000円もしますが仮予約しない訳にはいきますまい。

お懐かしや「はみだしっ子」「Sons」「ロング アゴー」「ムーン・ライティング」「ビリーの森ジョディーの樹」

特に「はみだしっ子」が私に与えた影響は大きく、私の存在を許可してくれた(私がそう思った)西原理恵子と並ぶ巨匠です。


「普通にしていなさい」とか「普通にしていたらいいんだよ」いう『普通』が、周りの人達と同じでなく苦しんでた。
『普通』というものが解らないのに強制されて、また言ってる本人達も漠然とした概念しか無く私に説明も出来なかったしする必要も感じなかった『普通』。
『普通』になりたくてもなれなくて全否定を受けていた。
私ではいけなかった、受け入れてもらうには私でない物になる必要があったのにそれが解らなかった。
恐らく個性を主張する今でも、私のような個性は否定されるのだろうな。

私はずっと自分は微妙に歪んでいて、その微妙さがかえって「何故自分たちと同じに出来ないのか」と人を苛つかせるのだろうと思っていました。

こんな欠陥品は本来存在していてはならないのだ、それが生きていたりするから苦しむのだ当然なのだと思っていました。


人は色んな思いを抱えて生きているのだし、それがこうして作品として認められ、広く受け入れられて読まれもするのだと示してくれたのが三原順。

欠陥品でも歪んでても、胸張って生きろ! 笑って生きろ! 生きていいんだと許してくれたのが西原理恵子。


その2大巨匠の一人三原順の秘蔵作品集、しかも「はみだしっ子」の非公開原稿も入ってるんだから予約しない訳にいかないよね~。
どうぞ予約が集まりますように。

それにしても「ビリーの森ジョディーの樹」は完成して欲しかった。
三原順には古いも新しいも無いね。
いつ読んだって面白いわ。


スポンサーサイト
テーマ:+:。☆゜(*´∀`)ノ゜☆:。+゜
ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック