チワワの小太郎と野菜と花と…
  • 07«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »09
2011年12月20日 (火) | 編集 |
異種友の野良猫’s を今日は紹介するわ。

何かね、俺、こいつらの自由さに憧れんねん。
ようチビも作ってるけど少し大きなるとおらんなるねんな。

こいつらの住み処はは農具入れの納屋でな、散歩道に誰ぞが最初のを棄ててったのが最初。
「姉ちゃんも拾いたくなる位の美猫やってん、棄てられた意味がわからん。探したら飼いたい人はすぐにおったはず」
いうから凄いもんやで、もうおらんけど。
まあ、姉ちゃんの猫アレルギーさえなかったら、俺と兄弟になってたかもしれんな。

もう一つの他の奴等が棲み着いてるのが壊れた御輿やねんけど、そっちの方は今誰もおらんねん。

餌やる人がおるから、何匹かおるけど痩せてないやろ?
ホンマはそんなんしたらアカンと思うけど、姉ちゃんは「野良が住まれへんほどキレイに管理されるより、心に余裕があっていいわ」いうてる。
そんなもんであって欲しいなあ。

111218-21

111218-23

111218-22

111218-24

111218-25

111218-26

姉ちゃんはこの後撮影料として、「ゴン太の角切りミルク」を投げてやってた。
俺が食わないから、どうしようか困ってたもんな。
近所のレン(チワワだよ)さえそっぽ向いてた。

「ジャーキーだけじゃなく、もっと可愛いおやつも食わんか!」

悪い、好みやないんよ姉ちゃん。


スポンサーサイト
テーマ:チワワ生活
ジャンル:ペット

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック