チワワの小太郎と野菜と花と…
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2012年05月22日 (火) | 編集 |
降るなら降るで潔くざっと降ってくれればいいモノを、なんだか今日の雨は煮え切らない。
カキツバタが2年目にしてようやく咲いてくれてるのに(しかも2輪も)、風に邪魔されて写せやせんし。
とても綺麗に咲いてくれたのにね。

さっきまでジャクリーヌ・デュプレの花殻を摘んで、付いてるハバチの幼虫を退治してました。
ジャクリーヌ・デュプレの隣に金柑の小さな木があるのですが、元はといえばアゲハチョウが風に翻弄されながら、懸命に卵を産み付けようとしてるのを、眺めてて見つけたんですけどね。
アゲハの卵が付いてないかしゃがんでみると、つるバラの葉の裏にうじゃうじゃハバチの幼虫がいるのが見えた訳です。
最近花殻を摘みながら枝も調えたばかりだったので、葉がどっさり幼虫に食われてたのにも気付かきませんでした。

アゲハチョウみたいな綺麗なモノが懸命にしているのを見ると、卵を取ったり幼虫を退治したりするのは忍びない気もするのですが、そこはそれ、退治しないと金柑が出来ないし、木も駄目になってしまうしと実に悩ましいところです(`ヘ`;)
ま、その点ハバチなんかは全然可愛くないので、心置きなく退治できるのですが。
私は特に虫が苦手とかがないので(園芸初めて特になくなったな)、触って危険なモノでない限り素手で平気で取って捨ててます。


明日はいい天気になってカキツバタが写せますように!


スポンサーサイト
テーマ:(。´‐ω‐)みぃ…
ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック