チワワの小太郎と野菜と花と…
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2014年06月25日 (水) | 編集 |
試験外泊で帰ってきた時、何にびっくりしたかって自分のベッドの硬さにびっくりしましたよ。

久し振りの我が家のベッドだ~~~

って寝っ転がったら硬いの!
畳みベッドを使っているので普通のベッドよりは硬いのですけど、不意打ちでしたね。
退院してきてからも、すぐには硬さになれませんでした。
寝すぎると腰が痛いので、嫌でも起きるのはいいのですけどね。

病院のベッドは低反発なのを使ってたのかな?
自分ちのベッドとの違和感を感じるような期間(入院当初)は、吐き戻しとそれに疲れてうとうとして、夢現の内に悪夢見て目が覚めるとか、そんな日を過ごしてたので、違和感を感じる余裕なかったですね。

140625-イキシア-1

140625-イキシア-2

吐くものもお腹に入っている未消化のものが終わると胃液を吐き出すんです。
これで喉が潰れてしばらくは上手くしゃべれなくて、毎晩頻繁にナースコールするのに何をしてほしいか上手く言えなくて苦労しました。
胃液はすぐになくなって違うものを吐き出したのですが、2晩目も頻繁に吐いくので鼻から胃に管を入れたんですよね。
これいれられた時辛かった。
「これで吐かないようになるから頑張って」
って管通したんですよ。
鼻に入れられるのもすごく覚悟が要りましてけど、それが喉通って行く…
喉の違和感がすごくて、最初は辛かったです。
ただ、吐くのは無くならなかったけど、回数は確かに断然減りましたね。

140625-イキシア-3

140625-イキシア-4

ビックリしたのは、胃液みたいな黄色だろうと勝手に思ってたら、「たくさん出てるよ」って見せられた透明の袋には黒みがかった緑の液体が入ってたこと。

わたしゃ植物かΣ┗(@ロ@;)┛

病人なのに思わず心の中で突っ込んじゃいましたよ。
吐いてる時は器を黒いビニール袋で包んいでいたので色が分からなかったんです。

140625-イキシア-5

140625-イキシア-6

この緑色の体液を私はよく生産しているらしくて、看護婦さんは日に何回か溜まったのを捨ててました。
その時針のついていない大きな注射器で管の途中からも抜いてくれるのですが、それもよく出ていたようです。
鼻に通した管は手術直前まで抜かれませんでした。
抜かれた時にはすっとしましたね。

140625-イキシア-7

140625-イキシア-8

今日のこの花はイキシアです。
ブログの内容がないようなので、綺麗な花にしてみました。
アフリカの花だそうなのですが、枝がすごく細くて糸の様で、そのくせ硬いので沢山花をつけても平気なんですよ。
結構気に入っていて、ここ何年か咲かせています。

スポンサーサイト
テーマ:医療・病気・治療
ジャンル:心と身体

コメント
この記事へのコメント
こ、こんばんわ〣( ºΔº )〣
そ、そんな壮絶な目にあっていたとは((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
私も一度嘔吐が止まらず、救急車で運ばれたことあります。
それは結局風邪だったんですが、あれは苦しかった。
それが続いたなんて~。゚(゚´Д`゚)゚。

あ、あと病気自慢してもいいですか?朝早くからお腹がいたかったんです。だんだんねじれるように痛くなり、やはり救急車で運ばれたんですが、そのときすでに身体が相当弱っていたため、心拍数が異様に少なかったらしいんですよ。

だからか、私のお腹の痛みを無視して、心電図撮ったり、訳のわからない治療をされ、お腹の痛みは放置です(泣)

お腹は腸不全でした。前日の昼間に食べたものも消化されず胃に残っていたらしいです。

もう救急車はこりごりですわ┐(´∀`)┌

どうぞお大事に(;_;)/~~~
2014/06/26(Thu) 19:49 | URL  | PHiRo #-[ 編集]
PHiRo 様
腸不全も大変でしたね~~。

私も手術決めるまでの連日レントゲンだ、CTだと検査されて、しんどいのにベッドごと動かされて検査されて、堪ったもんじゃなかったですよ。

お互い体は大事にしましょうね。
2014/06/26(Thu) 20:18 | URL  | 腹黒烏龍茶 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック