チワワの小太郎と野菜と花と…
  • 09«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »11
2014年07月26日 (土) | 編集 |
全国的な有名さはないのですけど、大阪の南河内地方ではブドウ栽培が盛んなんです。
この季節にはこの季節だけの直売所が方々で見かけられるんですよ。

施設から河内長野や富田林方面にドライブに行くと嫌でも目に入って来て、その度に買いに行きたいと思うのですけど中々機会がないままだったんです。
大抵日中の仕事終わりには直売所はもうしまってるし、ドライブの途中で見たら寄りたいと思うけど、ドライブ終わったら大抵忘れてるし…

休みの日によく行くのは道の駅に付属の直売所で農家が直接売ってるところではないのですよね。
それが先日行く機会があって寄ってみたんです。

140727-睡蓮-1
睡蓮がきれいに咲いてくれました。
葉の陰に隠れてたのを、葉を切って見えるようにしました。

140727-睡蓮-2

140727-睡蓮-3

そこは何年か前に一度買ったことのある直売所だったのですが、入ってビックリしました!
車が何台も停まってて、お客さんの姿もあったから何の気もなく入ったのですけど、もう目に飛び込んでくる金額が予定とまるっきり違ってたんですよΣ(〇до;)!!

スーパーとかで流通してない珍しい種類のブドウが色々あって、安いのでも一房2200円、高いのでアレキサンドリア6000円超えてましたもん。
そりゃそれだけの値段のアレキサンドリアとなれば見たこともないくらい大きな房でありましたけど、並んでるブドウはいずれも押し出しのいい大きな房で試食したらめちゃ美味しかったけど、私が欲しかったのはそんなブドウじゃない~~(ゑ∩ゑ*)ぅわ~ん
安月給のアラフォーが気軽に買える5、600円程度のものが欲しいねん!
直売所って安いもんやろ~~。

呆然として見てたら隣に来たご婦人が一房4000円超えのブドウを手に取って「これも」って∑(゚Д゚;ノ)ノェエエ工

どうやらこの直売所、数年前に来た時とは変わってご贈答用のブドウを主力にしたようなんですね。
地方発送用に宅急便の札に書き込む奥様の姿が、短期間の直売所だからパソコン入力じゃなくて手書きなんですね。

腹黒は自宅用に一房2000円を超えるブドウを買うような、(太ってるけど)太っ腹ではないので、試食したけど(したんか!)、美味しかったけどそっと直売所を出ました。

次は普通に道端で見かける直売所に寄りました。
でっかいデラウェアの房が3つ載って1000円のカゴを選んだのですが、それでさえ私の金銭感覚にしてみたら高かったと気付いたのは家に着いてからでした。
たっかいブドウ見た後だったんで感覚がマヒしてたんですね。
おばあちゃんが小さな一房をおまけしてくれたから良しとします(u_`u。)

140726-葡萄-1


庭の水やりが終わるのを大人しく家の前で待ってる銀ちゃん。
文字色g" alt="140727-銀ちゃんお散歩前に家の前で-1" border="0" width="400" height="425" />

140727-銀ちゃんお散歩前に家の前で-2

140727-銀ちゃんお散歩前に家の前で-3

140727-銀ちゃんお散歩前に家の前で-4

今日と明日、明後日は施設のイベントの関係で訪問できないかもしれません。
猛暑日に炎天下の中イベント準備、きついわ~~。




ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 ライフスタイルブログ ありのままの自分へにほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ
スポンサーサイト
テーマ:ええ!?Σ(゜Д゜)
ジャンル:日記

コメント
この記事へのコメント
高・・・・・・・

買えません。。。。

ご飯類を食べちゃうなあ。。。(=^・^=)
2014/07/27(Sun) 10:41 | URL  | ちわわん #-[ 編集]
ちわわん様
そうでしょう!
ブドウ一房で4000円払うんなら、美味しいランチ食べに行きますよね~。

手間暇かかってるのは分かるのですけど、ちょっとむりなおねだんですよね。
2014/07/28(Mon) 19:56 | URL  | 腹黒烏龍茶 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック