チワワの小太郎と野菜と花と…
2015年01月05日 (月) | 編集 |
小野不由美さんはとても好きな作家です。
この人の人を見る目って、先日お亡くなりになったダイアナ・ウィン・ジョーンズさんに似ていると思う。

まあそれはよいとして、本書は怪談本ですけど、怪異は退治されたりはしません。

根本的解決法なんて誰も知らないから、とりあえずの方法で怪異を避けたり、共生したりはできる。
怪異はそのまま存在するけど、主人公にとっては害をなすものではなくなる。

短編集です。
面白いので是非ご一読を。


ああ、「残穢」続編でないかなあ。



スポンサーサイト
テーマ:読んだ本
ジャンル:本・雑誌

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック